So-net無料ブログ作成
検索選択

<水俣病損賠訴訟>和解案、チッソが受け入れ(毎日新聞)

 水俣病未認定患者団体の水俣病不知火(しらぬい)患者会(熊本県水俣市)が国、熊本県、原因企業チッソ(東京)に損害賠償を求めた訴訟で26日、チッソは取締役会を開き、熊本地裁が示した和解案の受け入れを決めた。和解案については、既に国、熊本県は受け入れを表明しており、被告3者すべてが受け入れを決めた。原告の不知火患者会は28日に総会を開いて受け入れの可否を決定する。

 和解案は1人当たり210万円の一時金や、29億5000万円の団体一時金を支払うことなどが柱。チッソの後藤舜吉会長は「昨年7月に成立した(水俣病被害者救済)特別措置法に従って、最終解決を図りたいと願っていましたが、今回、和解所見に従って、訴訟上の和解を行うことがこの方針にかなうものと判断しました。訴外の各派、個人の方々ともこれに準じた解決を図ってまいります」とのコメントを発表した。【足立旬子】

【関連ニュース
水俣病:不知火会との和解所見、積極受け入れへ 熊本知事
水俣病訴訟:不知火患者会との和解案受け入れへ 鳩山首相
水俣病:患者団体反応さまざま 熊本地裁の和解案提示で
水俣病:一時金1人210万円の和解案 「不知火」訴訟
水俣病:69年以降生まれも救済 国が提案

財政健全化法案、今国会提出へ=規律維持のルール法制化−菅財務相(時事通信)
<参院選>首相議長に初の政権公約会議開催へ 政府・民主党(毎日新聞)
【ゆうゆうLife】病と生きる 金哲彦さん(46)(産経新聞)
郵政改革法案 指導力なき首相 内閣は分裂状態(産経新聞)
2月訪日外国人数6割増 アイリス効果で秋田に続々(産経新聞)

元書記官詐取の判決書偽造で上司に厳重注意(産経新聞)

<座礁船>岸に接近、自力脱出困難に 北海道石狩湾(毎日新聞)

 21日の低気圧による暴風の影響で、北海道石狩湾新港の浅瀬に乗り上げたベトナム船籍貨物船「ドンフォン」号(乗組員20人、5552トン)はさらに陸側に流され、岸から約30〜40メートルまで接近。自力脱出が困難になったため、小樽海保は23日、船主代理人や石狩市などと対策会議を設置した。

 同海保によると、船は当初、岸に船首を直角に向けていたが、23日には船体が水深2メートル以下の砂地に乗り上げ、90度回転して岸と平行になった。業務上過失往来危険の疑いもあるとみて、今後乗組員から事情を聴く方針。【坂井友子】

【関連ニュース
野焼き3人死亡:突然の逆風、炎襲う…直前の風速16m
バックネット倒れる:母子下敷き、重傷 強風で 神奈川
鶴岡八幡宮:大銀杏倒れる…樹齢千年、実朝暗殺の舞台
強風:札幌で33.3メートル 3月の観測では最大記録
強風:足場が倒壊、けが人はなし 京都の阪神高速建設現場

<皇太子ご一家>長野で静養 愛子さま春休み(毎日新聞)
<事業仕分け>新人議員の参加、小沢幹事長認める(毎日新聞)
<火災>住宅全焼、遺体見つかる 山林も延焼 東京・八王子(毎日新聞)
<金子みすヾ展>大阪で開幕…没後80年、大丸心斎橋店(毎日新聞)
松野明美さん、熊本市議選に出馬(スポーツ報知)

甲子園出場の開星高教諭 学校トイレにカメラ設置か(産経新聞)

 勤務先の高校の女子トイレに侵入したとして、松江署は22日、建造物侵入容疑で松江市古志原、私立開星高校教諭、河合宣和容疑者(33)を逮捕した。同校は第82回選抜高校野球大会に出場。この日行われた初戦で敗退した。

 逮捕容疑は21日午後2時20分ごろ、同市西津田の同校体育館1階の女子トイレにカメラを設置するため侵入したとしている。

 同署によると、女子生徒が個室に入ったところ、小型カメラ(縦5センチ、横2センチ)を発見し、家族が学校に届け出た。カメラには河合容疑者の顔が写っており、河合容疑者は「トイレに侵入したが、カメラを設置するためではない」と供述しているという。

 同校によると、河合教諭は高校と併設する中学校で国語を担当。サッカー部顧問も務め、21日は同部の指導に当たっていたという。

 細木恒夫副校長は「あってはならないことで、非常に申し訳ない。信頼回復に全力で努めたい」と話した。

【関連記事】
センバツ 向陽が先行逃げ切り
開星の白根、好投も実らず センバツ
熊本・人吉市教委職員が女子トイレに盗撮カメラ
「女装で男性用に入れず」女性用トイレ侵入の男逮捕
「のぞくため」女子トイレ侵入 容疑の男逮捕
20年後、日本はありますか?

人件費7500万円過大請求=原子力関連財団、国発注業務で(時事通信)
厚労省が時短ガイドライン発表(産経新聞)
懲りない北教組 早くも参院選準備へ教員出動(産経新聞)
<自民党>鳩山邦夫氏の離党届を受理…処分は見送り(毎日新聞)
チッソも受け入れの可能性=水俣病和解案で−小沢環境相(時事通信)

<高木美帆選手>「努力を忘れない」 町民栄誉賞表彰式(毎日新聞)

ホワイトデーまでの期間限定でハート形の牛肉を販売 滋賀(産経新聞)

 近江牛肉専門店「松喜屋」(大津市)が、14日のホワイトデーまでの期間限定で、ハート形の牛肉を販売。「食卓が華やかになる」と好評だ。

 風味が良く、上品なうまみが特徴の近江牛をもっと広く味わってもらおうと企画した。サーロインやヒレのステーキなど4種類を用意している。

 「恋人や家族でだんらんを楽しんでもらえたら」と同店。ホワイトデーの贈り物は、愛情を“ギュー”と詰め込んだ近江牛で決まり?

衆参4月補選はなし=民主・小林氏の進退先送り(時事通信)
70件か、空き巣のコロンビア人逮捕=捜査員の「直感」で尾行−警視庁(時事通信)
小麦生産、倍増の180万トンに=20年度目標−農水省(時事通信)
捕鯨妨害船、登録不許可に=オランダに要請−外務省(時事通信)
<日米密約>西山太吉氏ら参考人質疑へ 衆院外務委(毎日新聞)

シャツ&ブラウス 春の着こなしの主役に ビジネスからカジュアルまで(産経新聞)

 ■お気に入りの一枚 見つけたい

 上着を脱ぐ機会が増え、春先から初夏にかけて着回しに重宝するのがシャツやブラウスだ。デザインや組み合わせ次第で、ビジネスからカジュアルまで幅広いおしゃれが楽しめる。春の着こなしの主役になるような自分に似合う一枚を見つけたい。(小川真由美)

                   ◇

 ◆人と差をつけたい

 伊発祥のブランドで国内で約60店舗を展開する「ナラカミーチェ」は、胸元のフリルやカシュクールなど華やかさを強調したデザインで有名だ。しかし今春は一転、シャープな印象のストライプのシャツを提案している。昨年来、プレッピースタイル(ジャケットやシャツの着崩し)や80年代風デザインの流行で、ワンピースやチュニック一辺倒だった女性もシャツに着目し始めたためだ。中心価格帯は1万7千円前後だが、低価格帯を約1万3千円にまで広げ、価格面も配慮した。

 黒のストライプは胸元のギャザーでさりげなく女性らしさをアピール。カーディガンで鮮やかな色を取り入れると春らしい印象になる。青はデニムと合わせるのがおすすめだ。ボタンを外してインナーを見せたり、ボタンを留めて上からベルトをアクセントに着けたりしてもOKだ。鈴木尚貴取締役は「新年度はシャツの出番。人と差をつけたい人におすすめ」と話す。

 一方、仏老舗シャツメーカー「シャルベ」のテーマは「クールビューティー」。パープルピンクが多かった昨春から一変、今春は白や水色のストライプを展開する。独自の立体裁断で着る人の体形を問わず胸元に丸みが出ると同時に、腰回りは生地が体にフィット。色と柄はシンプルだが、高さ9センチ、2つボタンのカフスが印象的で、1枚でも存在感は十分だ。

 身ごろ(衣服の襟や袖などを除いた部分)脇は一度縫った生地の縁を巻いて再度縫うシングルニードルを施し、袖を後付けして身ごろとストライプの柄を合わせるなど、着る人にしか分からない着心地とデザインを追求。パターンオーダーで約5万円から、既製でも3万円台後半からとかなり高額だ。日本橋三越本店シャルベブティックの伊藤よし子担当課長は「着た人が自信を持てるシャツ。流行に左右されない点も強み」とアピールする。

 ◆独特の風合い

 着るだけでリラックスできそうなのが、「無印良品」(2月末時点で計337店舗)の「綿麻ダブルガーゼ先染め七分袖カフタンブラウス」。2枚のガーゼを織りの工程で重ね合わせて肌触りを良くした。糸を染めてから生地を織り、綿に麻を混ぜて生地に空気を含ませることで、独特の風合いを実現した。

 春夏の定番は白だが、今年はオフホワイトの生地に青のボーダーやチェック柄など、味わいのある色調が人気だ。ボトムにパンツなど細めのものや、素足にバレエシューズなど足元を軽やかに見せるとバランスがよく見える。

 同ブランドを展開する良品計画の衣服・雑貨部の山本紘平さんは「お気に入りの一枚を見つけて春のおしゃれを楽しんで」と話している。

普天間移設 「徳之島」検討指示 首相、県外を重視(産経新聞)
明細書、窓口対応と入金機の併用は「非常に微妙」―厚労省(医療介護CBニュース)
茨城空港が開港へ=定期便2路線、需要拡大が課題(時事通信)
<新潟市美術館>国宝展示「認めぬ」 管理に問題…文化庁(毎日新聞)
イラク戦争への関与検証=小泉政権の対応問題視−外相(時事通信)

<自殺報道>総務省、民放5社に内容問うメール送る(毎日新聞)

 総務省が在京の民放キー局5社に対し、東京都清瀬市の女子中学生の自殺報道の内容を照会するメールを送っていたことが13日分かった。「番組で遺影や遺書を紹介したか」など放送の内容にかかわる問いに1社が回答を拒否したため、結局、すべての照会を取りやめた。

 総務省によると、原口一博総務相の簡易型ブログ「ツイッター」に、今月3日、女子中学生の自殺に関する一部報道について「世界保健機関(WHO)の自殺報道に関する勧告に違反している」と指摘する書き込みがあった。

 これに気づいた地上放送課の課長補佐が5日、5社の担当者に報道内容を照会するメールを送った。「写真や遺書を公表しない」「自殺手段の詳細を報道しない」などのWHOの勧告に基づき、遺影や遺書の紹介の有無について尋ねる内容だったという。

 この課長補佐の上司は「WHOの勧告を知らなかったので、実態把握のために全社にお願いしたが、無理に聞くものではないとすべて取りやめた」と説明している。【望月麻紀】

水族館で初!55年で5555万5555人(読売新聞)
<自殺>硫化水素で女性 5世帯一時避難 松戸のマンション(毎日新聞)
<警視庁>異例の捜査1課長を解任 女性トラブルで(毎日新聞)
温暖化基本法案で詰めの協議=閣僚委を開催(時事通信)
朝鮮学校の扱い「決めてない」=高校無償化−鳩山首相(時事通信)

<前原氏>沖縄県知事らと意見交換 普天間問題やりとりなく(毎日新聞)

 前原誠司沖縄・北方担当相は7日、那覇市内のホテルで、仲井真弘多知事ら県幹部と、沖縄振興計画や観光政策などで意見交換した。米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の移設問題でのやりとりはほとんどなく、県内移設案の浮上にいらだつ仲井真氏は「どういう方向でまとまっていくのか、まとめようとしているのかを含め力も借りたい」と求めた。だが前原氏は「情報を持ち合わせていない」と応じるにとどめたという。終了後、前原氏は記者団に「まとまった段階で沖縄担当の私に話があるのかないのか、その点を踏まえて動く」と語った。【西田進一郎】

【関連ニュース
米国務次官補:普天間協議「柔軟に」…現行計画ベスト不変
普天間移設:シュワブ沿岸部なら野党に…国民新・下地氏
普天間移設:県内の場合、自治体に振興策…前原氏
普天間:検討委を8日に開催 社民、国民新両党要請に一転
岡田外相:米国務副長官と会談 イラン核での連携で一致

自民低評価に反省必要=谷垣執行部を批判−与謝野氏(時事通信)
<掘り出しニュース>南部鉄器でティーポット、奥州・及源鋳造と岩大で新作(毎日新聞)
押尾被告の2度目の保釈請求も却下(産経新聞)
チリ巨大地震 「見る間に潮位上昇」 「いつまで続く」終日警戒(産経新聞)
適正飲酒とは?体育会系学生にセミナー(読売新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。