So-net無料ブログ作成
検索選択

子ども手当、自治体の95%が「6月支給」(読売新聞)

 「子ども手当」の地方自治体の準備状況を読売新聞社が調査したところ、全国1750市区町村の95%で6月支給に間に合う見通しである一方、「間に合わない可能性がある」とした自治体が、堺、岡山広島、和歌山の各市など86市区町村あることが分かった。

 また、外国人への支給を巡り、混乱が起きている実態も浮き彫りになった。

 調査は今月6〜20日、東京23区を含む全国1750市区町村の担当者らに実施した。

 4月に施行された子ども手当法では、中学生以下の子どもを持つ世帯に子ども1人当たり月額1万3000円を6月、10月、2月に支給するとしていて、全市区町村が同法に従い6月中に支給日を設けた。最も早い6月1日を支給日としているのは、北海道仁木町や富山県朝日町など1道2県の7町村。10日に支給するとした自治体が最も多く、さいたま、京都、福岡市など971市区町村で、全体の55%を占めている。

 6月支給の可否を尋ねたのに対しては、全体の5%に当たる86市区町村が「間に合わない・間に合わない可能性がある」とした。申請処理システム構築の遅れなどが理由。堺市は、父母らからの申請受け付けの締め切り日を設けておらず、「書類不備などで審査が遅れれば、間に合わない場合もある」としている。

 一方、外国人の子どもへの支給を巡り窓口などで混乱があったと答えたのは兵庫県尼崎市や東京都葛飾区など51市区町村。厚生労働省が同法成立後に、野党などからの指摘を受けて外国人への支給要件の厳格化を通知したため、支給の可否の判断基準が定まっていないためだ。「養子縁組でタイに554人の子どもがいる」との申請に、自治体が厚労省に問い合わせ、不受理とした事例もあった。

産廃処分、家族4人を逮捕=無許可で天理市に―大阪、奈良両府県警(時事通信)
加藤被告からの手紙、読まずに返送「二度と受け取らない」(産経新聞)
元矢板署長を飲酒運転で逮捕 栃木「実家に行く途中だった」(産経新聞)
官房機密費「何のためか分からない」と政府答弁書(産経新聞)
<除虫菊>初夏の風に揺れ 見ごろ迎える(毎日新聞)

園児の習い事、40代ママは教育熱心!?(産経新聞)

 園児ママにとって、不況で世帯収入が減っても削りたくないのが“教育費”。園児の習い事の数と月謝は、ここ数年増加傾向でしたが、昨年度、初めて若干減少に転じました。

 園児の習い事の平均の数は1.4個。ママの年代別に見ると、40代ママは平均1.5個、20代ママは平均1.0個の習い事をさせています。一方、習い事をさせていないママの割合は20代が38.1%に対し、40代は25.0%でした。

 園児の習い事にかける月謝の平均額を見ると、40代ママは7694円、20代ママは6465円で1229円の差。40代ママは20代ママより世帯収入や育児などの面で余裕があるせいか、園児の習い事に熱心なのかも。「ピアノ教室は5つ見学してから選んだ」(東京都・40歳)、「駐車場の有無や送迎バスの有無なども吟味した」(神奈川県・42歳)など、40代ママは慎重に習い事を選んでいるようです。

 園児とママの情報誌「あんふぁん」読者に昨年8月実施。有効回答数526。

【関連記事】
子供の教育活動いくら払う? 習いごと、格差3倍
「子供フィットネス」が盛況 ダンス、サッカー…キャンセル待ちも
「子ども手当、貯蓄に」 支給対象世帯の7割
いっそ学校は昼まで…塾通いに補助を
「小学六年生」最終号 趣味の多様化・男女差に苦労
少子化を止めろ!

廃棄物処分場で贈収賄容疑=町議と業者ら逮捕−徳島県警(時事通信)
政府案取りまとめへ詰め=普天間移設で閣僚会議(時事通信)
徳之島3町長、受け入れ拒否確認…首相と会談へ(読売新聞)
女児虐待、母親再逮捕=浴槽に監禁容疑−「夫に指示」・福岡県警(時事通信)
長塚京三さんも被害… 東京・台場のホテルで計19台車上荒らし(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。