So-net無料ブログ作成

<3カ月予報>5〜7月 太平洋高気圧弱く北日本は気温低め(毎日新聞)

 気象庁は22日、5〜7月の3カ月予報を発表した。太平洋高気圧の北への張り出し方が弱いため、北日本では寒気の影響を受けやすく、平年と比べ気温が低くなる地域が多い見込み。東日本から西日本では6月より7月の方が曇りや雨の日が多く、梅雨らしい天候となると予想している。各月の天気は次の通り。

 《5月》北日本から西日本では平年同様、晴れの日が多い。沖縄・奄美ではぐずつく時期がある。

 《6月》北日本から西日本では平年同様、曇りや雨の日が多い。沖縄・奄美では平年に比べ曇りや雨の日が多い。

 《7月》北日本から西日本では平年に比べ曇りや雨の日が多い。沖縄・奄美では平年同様、晴れの日が多い。

【関連ニュース】
強風:北海道で40.6メートル記録 秋田ではけが人も
強風:交通機関乱れる、90万人の足に影響 関東地方
夏日:今シーズン初 東京・大手町で25.5度
神奈川県箱根町:満開のソメイヨシノが雪化粧
天気:オフィス街は冬景色 もう春なのに 冷え込み続く

【健康】ストックウオーキングで全身運動 体への負担少なく効果大(産経新聞)
博多湾で人の頭部見つかる…諸賀さんか(読売新聞)
日航、全日空3便引き返し=アイスランドの火山噴火で−成田空港(時事通信)
短期間の補充捜査、手探りの立証に 明石歩道橋事故 (産経新聞)
JR西の歴代3社長を強制起訴 福知山線脱線106人死亡事故(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。